読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1月のチャートを振りかえって

昨日は、ちょっと下に動きました。
うおー、すげーガラだーっと思ったのですが、
画像を見てください。
画像は、今年に入ってからの4時間足です。
なんか、ただの緩やかな下落トレンドですな。

たまに、下にドーンと動いて、
それから上に戻すんだけど、前回の高値までは戻さない。
そこから、ヨコヨコして、
またドーンと落ちる。

これの繰り返しです。
下りとしては、緩やかですが、すごく典型的な動きなんだと思います。
こうやって見ると、押し目を拾う大事さがよく分かりますね。
あと、ストップを前回の高値の位置の少し上に置く意味も見てとれます。

理屈で言えば、そうなんだけど、
トレーダーとして大事なこと。
じゃあ、具体的にどうやってやんのよって話ですが、
入りかた、
これは、MAに近づいたときでもいいし、
ボリバンの2とか3に近づいたときでもいい。
画面中央のRSIの高さでもいいんだと思う。
人それぞれなんだよね。
見たらわかるけど、
どれも、不完全なんだよね。
だからこそ、どれかでもいいし、
いっそ、全部でもいい。
相場なんて、そんなもんだ。

ストップは、一番簡単かもね。
たんに、前回の高値のちょっと上でいいね。
まあ、その人がどれだけの大きさの波を取ろうとしてるのかに
よるんだろうけどね。

利食いは、これも波の大きさ次第やね。
安値更新でもいいし、
MAの傾き、トレンドライン(水平線)、このへんを越したときでもいいね。
トレンドラインは、斜めも便利だけど、
いまいち信頼性は低い。
水平線の方が、信頼性は高いと思います。

これから、チャートはどーなんのっていうと、
そんなんわかるか、ってのが真実。
ただ、今までの流れを継続するなら、
一旦戻して、ヨコヨコして、また下げるんだろうね。
多分ね。
まあ、わからんですよ。
f:id:seiuipad:20140126022506j:plain