読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXで勝てるようになる2つのこと(ふたつめ)

FXで勝てるようになる2つのこと、ふたつめです。

 

あくまで、自分個人の考えなんですけど、

どうしても勝てないひとに向けて書いてみます。

 

ふたつめは、負けても涼しい顔でいられる金額でしかやらない。

 

だって利益が減るじゃん、と思いながら不安定な利益を得るより、

いっそポジションを減らしたほうが、結果てきに利益は大きくなります。

どうしても勝てないなあと思っているひとは、

騙されたとおもって、いまより半分くらいポジションの数をへらしてみてください。

なにか見えてくるものがあると思います。

 

よく聞くことばなのですが、

手法だけでは、勝てません。

多分、勝てるときは勝てるけど、

じわじわ損がふくらんでいって、そのうち死にます。

ここで追加入金しても、けっきょく損が膨らんでいくだけで、

けっきょく死にます。

 

なぜそうなるか、というと、

手法は、どこで入るか、を教えてくれるんだけど、

それ以上に大事なのが、そこで何枚ポジるか? だからです。

これが、資金管理です。

 

じゃあ、どれくらいがいいの? というと、

FXを初めて1年未満とかのビギナーは、1000通貨でいいです。

1年たってまだ生きていられるのは、それだけですごいことなので、

まずは生き残りを目指します。

もうけるのは、あとでいいんです。

 

1年たって、ある程度なれてきたら、

ポジションを増やしてみてもいいと思いますが、

リスクを資金の5~10%にしといたほうがいいです。

レバ25倍が許されるのは、ベテランスキャルパーくらいじゃないでしょか。

ほかのひとは、5~10%におさえてやったほうが利益でます。

 

FXは、らくに金がかせげる、というイメージがあると思いますが、

かなり精神面に負担をしいられます。

自分も、ポジションがマイナスになるとよく下痢とかします。

ひとによっては、吐いたりするって言いますね。

FXをは、それだけハードなものなので、

なるだけ、ストレスを減らすようにしないといけません。

身体にもダメージを受けるわけだし、判断力も鈍りますからね。

 

そのためにも、うまく勝てないな、というひとは、

資金管理を再考してみる、というのをオススメします。

f:id:seiuipad:20150619065733j:plain