読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレンド手法、レンジ手法

そんで、トレンド期とレンジ期では、
手法って変わってくるんじゃないかって話。

単純な話なんだけど、
レンジ期はレンジ型の手法が有利だし、
トレンド期では、トレンドフォロワー型の手法が有利になりやす。
ただ、それだけ。

手法の具体的な話って、どうにもしづらいんだよね。
人によって信じてるものが違うわけだし。
何でもいいっちゃあ、何でもいいもんだしね。

レンジ型ってのは、
簡単に言うと、往復で動くことを前提にした手法かな。
戻りを取るひとは取ればいいし、
待つひとは待てばいい。
自分はRCIとRSIを軸にしているから、
その買いサインと売りサインでトレードしてます。
具体的なやり方は、いつも書いてるから省略ね。
レンジ型の良いところは、成功率が高いことだね。
だから、気持ちいいし、勝率も高い。
勝率が高いということは、ポジション枚数を増やせるってこと。
ただ、幅が狭いけどね。

トレンドフォロワー型は、攻め攻めの形。
往復で動くってよりは、
一方向にどんどん動くことをを前提にしたやり方。
トレンドフォロワーには、リバなんて言葉は存在しないんですよ。
とにかく、サインが出たら買い(売り)。
サインは、その人が信じるもので、
MAでもいいし、RSIでもいい。
一旦、買いや売りで入ったら、
しばらく様子見して、損切りラインを動かせるようになるまで待つ。
ある程度動いて、損切りラインがスタート地点まで来たら、
そこで、リスクはゼロになるんですよ。
そしたら、次のサインでまた入る。
そうすると、リスクが一回分のまま、どんどんポジが持てるんです。
多分。
ただ、成功率は低いです。
そんな一方向に動き続けるなんて、なかなかないしね。
ただ、上手く行ったときの幅はでかいからね。
メンタルが強いひと向けなのかもね。

ってことをノートに書いてた。
信じる信じないは、あなた次第。
トレードも、全てにおいて、あなた次第。