読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こういう話に弱い

数年前の話だけど、一人暮らししてた頃、

同じアパートに住んでいた老婆が孤独死した。

あまり交流なかったし、うへえ、気の毒に、ぐらいしか感じなかったんだが

おしゃべり大家の話では発見当時

室内飼いしてた猫は無事で、床にカリカリ餌が袋ごと

ひっくり返って散乱していて

そのカリカリが婆さんの口元にいくつも置かれていたらしい。

恐らく猫が動かなくなった婆さんに元気になってもらおうと

餌を食べさせてやるつもりだんだろう、と聞いたそばから泣いてしまった。

その猫は大家に飼われる事になったが時々猫は元気だろうか、と

思い出してしまう。 

 

孤独死 - 続・妄想的日常 (via darylfranz)

(via mesotabi)

 

f:id:seiuipad:20140310045825j:plain